メニューへ




●WORK

恵泉女学園大学 チャペルガイド
表紙・裏表紙・挿絵







恵泉女学園大学 同窓会チラシ

この学校で学んで育まれた種をまき、芽を出し枝をはり実をつける。その実を糧に元気に生きていこう!というイメージでレイアウトしました。
2人の女の子は卒業生であるとともに、それぞれ恵泉の大きな土台である「勉学」と「園芸」を表現しています。
卒業して違う場所や環境にいても根は一緒。
だから手をあげ、いつでも歩み寄って語り合うことができる。
そして小さな3つの双葉には、「この日を機にまた新しい芽が出て大きく育ちますように」との願いを込めました。








恵泉女学園大学のタンブラー台紙デザイン
「TheTrueEnriching」






     

   手作りお菓子工房 ほっぺ のショップカード

 



●NEW YEAR CARD

 クリックすると大きい画像が見れます!  クリックすると大きい画像が見れます!  クリックすると大きい画像が見れます!

 クリックすると大きい画像が見れます!  クリックすると大きい画像が見れます!  

    

   

   

 




●ORIGINAL PAPER ITEMS

↑メニュー表(A4ふたつ折り)

 ↑席札(ハガキサイズふたつ折り)

 ↑招待状(A5ふたつ折り)

オリジナルデザインの絵を1枚描かせていただき、それをもとに結婚式で使用する3種類のペーパーアイテムに展開しました。

オリジナルデザインのテーマは「人を喜ばせる、元気にする」です。
新郎は柔道整復師、新婦は音楽療法士。そして、お家の向かいにある幼稚園の運動会を盛り上げるために夜中におふたりのお家を万国旗と風船でデコレーションし、翌日皆さんを喜ばせたというお茶目なエピソードをお聞きして、このテーマにしました。
新郎が抱える花束のモチーフ、バイモは新郎の誕生日のお花で花言葉はまさに「人を喜ばせる」です。
足元に咲くゼラニウムは新婦の誕生日の花で花言葉は「幸福、真の友情」です。
新婦の持つ風船は幼稚園の運動会のエピソードの象徴。雪山はご希望であるとともに、おふたりの心というか、核の部分の象徴でそこから「人を喜ばせたい」というキラキラした気持ちが噴き出しています。
お互いにも、そして周りの方々にも相手を喜ばせたいという気持ちを忘れずに陽気で幸福な毎日を過ごすことができますように!
そしてすばらしい絆で結ばれていきますように、との願いを込めました。






●WELCOME BOARD                              ウェルカムボードのショップへ

お花のリースは菩提樹とレンゲソウがメインモチーフ。
菩提樹は新婦の誕生日の花で花言葉は「夫婦愛、結ばれる愛」。 レンゲソウは新郎の誕生日の花で「幸福、心がやわらぐ」が花言葉です。
お花の陰には、ふたりを祝福する動物たちがにこにこ。
ふたりの思い出のモチーフ、タコクラゲやタチアオイ、トウモロコシを 盛り込み、リースの外側はふたりのお仕事をイメージした糸巻きと念珠をモチーフに、ふたつがつながってずっと続いていくような模様に。
「大望、豊産」が花言葉のタチアオイに囲まれた、この椅子にはふたりの居場所のような意味合いを込めました。
「心地よい時間」にいつでも用意されているふたりの居場所、いつでも帰ってくることができる場所。
それぞれの時間も大事にしつつ、ふたりの大事にする時間やモノが少しずつ増えて少しずつ育っていきますように!
(サイズ:A3縦)






おふたりがスターバックスで出会われたということと、ご希望モチーフの幸福の谷やすずらんから緑と白をテーマに。
白は純粋。緑は生命の息吹。
いつまでも純粋な気持ちで、出会えた喜びを忘れることなく、生まれた幸せを少しずつ大きく大きく育てていくことができますように!と願いを込めました。
ブーケとリボン枠の端のスズランは「幸福・純潔・純愛・清らかな愛」が花言葉。
おふたりを支えてくださる方々の象徴である小鳥たちが祝福してくれています。
おふたりの名前が入ったアーチはおふたりが進むべき未来の象徴。
これから先もずっとひとつの未来に向かって手を取り合って進んでいくことができますように!
(サイズ:A3横)






テーマは「永遠の円」です。
おふたりがボランティアサークルで出会われたこと、おふたりとも月がキレイな季節に生まれてきたことなどから、こんなテーマを連想しました。
サークルや月、丸いものは完全性と永遠の象徴。
そして、初めてのデートで映画館までたくさん歩いたおふたりのエピソードがステキだったので、こんなレイアウトに。
「絵本のようなイメージ」というご希望から動物たちが思い出の品を運んでくる姿が浮かびました。
動物たちはおふたりを祝福し、支えてくれる人たちの象徴でもあります。
コブタくんとうさぎさんが運んでくるのは、おふたりがプロポーズの時に贈り合った品。ネコくんが運んでくるプレゼントはこれから先おふたりが贈り合う幸せな未来の箱。

相手を喜ばせたいという気持ちをお互いに忘れず、笑顔いっぱいの生活でありますように、と願いを込めました。
そして、ふたりが進むべき道をお月様が照らしてくれます。
これからたくさんの出来事が起こり、迷うことがあっても、ふたりで進む道はひとつ。
その道を見失うことなく、たくさん楽しい話をしながら、いついつまでも手を取り合って進んでいくことができますように!
道の両脇に咲くのは、ゴールドスティックとアネモネ。
ゴールドスティックは黄色くてまん丸なお月様みたいなお花で花言葉は「永遠の幸福、心の扉をたたく」です。
アネモネは「明日に希望」が花言葉。
(サイズ:A3横)






水族館にデートでよく行くという、クラゲ好きのおふたり。
大きく描いたすずらんは結婚式の日のお花で、花言葉は幸福、純潔。
すずらんのお花の形とご希望のクラゲの形がちょっと通ずるものがあるな〜と思い、こんなレイアウトが浮かびました。
アーチは水族館のトンネル水槽から連想したことと、「幸せに包まれる」という意味合いからです。
4匹のクラゲの4という数字はおふたりが遠く離れていた年数から。
エピソードからもきっとこの期間がふたりの絆を深め、これからの生活の礎となるものだと思えたので。
クラゲはおふたりを支えてくれる周りの方々の象徴でもあります。
周りの方々から愛され、幸せに包まれ、おふたりが好きなものを見たり聞いたり楽しみながら、また少しずつ絆を深めていくことができますように!
ふたりの手から生まれる気泡は水族館やクラゲから連想し、これからの思い出、喜び、楽しい時間を表現します。
喜びや楽しい気持ちは目には見えないもの。
ともすれば消えてしまう泡のようなもの。
でもそれをふたりの手で確実に生み出し、しっかりと心に刻んでいくことができますように!との願いを込めました。
(サイズ:A3横)






テーマは「春の風」。「WELCOME」の文字を風に見立て、優しい風がふたりをステキな場所へ連れてってくれるようなイメージです。
旅行やドライブがお好きということ、景色のいい場所、夜景の見えるホテルでのプロポーズ、新郎のお誕生日の花「ソヨゴ」の花言葉が「先見の明」だったことから、高いところから先を見渡すイメージが湧き、春らしいものをご希望されていたことなどから、花の咲く木を組み合わせてこんなレイアウトが浮かびました。
新婦の手にはプロポーズの時に新郎にもらったお手紙が。
ふたりが座っている木に咲く花がソヨゴ。
ソヨゴは風に「そよぐ」からその名がついたそうで、これもテーマに通じるものがありました。
まだ起こっていない先のことだけれど、ふたりにはすばらしい未来が見えているはず。
それを見失うことなく、周りを見渡す余裕を持ちつつ、ふたりで手を取り合って歩んでいくことができますように、と願いを込めました。
庭に咲く赤紫のジンチョウゲは新婦のお誕生日の花で花言葉は「信頼、青春の喜び、楽しみ、切望」です。
ふたりが腰掛けた木の根元に咲く菜の花はとても春らしいお花で、花言葉は「快活」です。
春はいろんな命が芽吹き、動き出す季節。
ふたりの生活が生まれ、ここから全てが動き出す。
信頼を持って楽しく快活に・・・風に乗ってどこまでもステキな未来へ進んでいくことができますように!
(サイズ:A3横)






お友達の結婚祝いに贈りたいとのことで、オーダーをいただきました。
おふたりはお花見の席で出会ったということで「桜」と、新婦の誕生日の花である「福寿草」を入れてほしいというご希望。

心のこもったプレゼントをしたいとお友達に思わせる新婦は、周りの方から愛され周りを笑顔にするような方なんだろうなという思いから、みんなが集う場所、公園が浮かびました。
(新郎のご趣味がマラソンというのも「公園」「道」にリンクしたので!)
新婦が持つのは福寿草のブーケ。花言葉は「永久の幸福」。
これからもみんなに愛され、支え支えられるステキな仲間に恵まれますように。
石畳の道はおふたりがこれから進んでいく道。桜のもとでの出会い、その喜びがこれからのふたりの生活の道しるべとなりますように。
そしてお互いがお互いの道しるべとなって、道の途中で一休みしながらも迷うことなく前に進めますように、と願いを込めてこんなレイアウトを考えました。
これから海外へ行かれるとのこと、どんな所に行っても自分達の居場所を見つけ、つくり出し、静かな時間を楽しむことができますように!
(サイズ:A5ミニポスター)






テーマは「帰るべき場所」。新築のお祝いにということで、家=いつでも帰ることができる場所、帰りたい場所を描きたいと思いました。
それぞれに好きな読書、お料理なんかが楽しめる場所。
それぞれが違うことをしていても、心地好くひとつでいられる場所。
どんなことがあっても、それぞれがそれぞれの心の拠り所となり、受け止め受け止められる存在でありますように。
そして、支えてくれる周りの方々や仲間がいつも側にいる家庭でありますように。
そんな願いからこんなレイアウトが浮かびました。

たくさんの実をつけているツルコケモモは旦那さんのお誕生日のお花で花言葉は「心痛を和らげる、なぐさめ」。
気持ちのいい木陰を作るのはかしわの木。奥さんのお誕生日のお花で「愛は永遠に、愛想の良さ」が花言葉。
お家の窓辺に咲くゼラニウムは息子さんのお誕生日のお花。「君ありて幸福、愛情」という花言葉です。

「WELCOME HOME」は「おかえりなさい」。
これから何度となく交わされるであろう、やさしい言葉。
このお家でたくさんの思い出が生まれ、絆が育まれますように。
(サイズ:A4ミニポスター)






テーマは「育」です。
おふたりが高校の同級、そしてプロポーズの場所は出会った教室。なので、学校のイメージを入れたいと思いました。
ご希望の大きな木と学校の象徴となる黒板を組み合わせ、こんなレイアウトが浮かびました。
出会えた奇跡を大切に、ふたりが一緒にいられる幸せを忘れずにいられますように!
大きな木はおふたりを支えてくれる周りの方々の象徴。
愛され見守られながら、晴れた日の木陰のような心地いい日々を過ごすことができますように!
ふたりは一緒に植えたレモンの木を見守ります。この場面は、おふたりのご職業にリンクするものがあったことと、レモンが新婦の誕生日の花だったことで、「新しい生活をおふたりの手で少しずつ一緒に育てていく」という意味合いで描きたいと思いました。少しずつ育み、そして見事な実をつけることができますようにと願いを込めました。
レンゲは新郎の誕生日の花で、花言葉は「心が和らぐ、私の幸福」。レモンの実と花の言葉は「愛に忠実、熱意、誠実な愛」です。
(サイズ:A3縦)






テーマは「しあわせの色」。青と紫と幸福をメインモチーフにしました。
最初に、ご趣味である釣りや散歩から「小さな池のほとりで・・・」というレイアウトが浮かび、
新婦の誕生日のお花で使いたかったガマが水辺に生息するということや、水=碧(青・緑)や豊かさの象徴・・・とマッチングしていき、このような構図になりました。
結婚式で「幸福」を願うのは言うまでもないことですが、それに加えておふたりのご職業の漢字「福祉」もまたともに幸福・豊かさを意味するものということで、「しあわせ」。
色はお好きな色に青・紫があったこと、子供さんのお名前にも色を表す「碧」漢字が入っていること、幸せの青い鳥、それに後に書き記しました「紫」とのつながりから、このテーマに。

プレゼントは幸福の象徴。3人の幸福はもちろん、支えてくれる周りの方々やお仕事で接する方々みんなの幸せが詰まっています。
力を合わせて大きな(広い)幸福を見事釣り上げることができますように、との願いを込めました。
プロポーズが織姫神社だったこと、子供さんのお名前にある漢字が布や糸が作られる植物にも使われること、紫がお好きなこと、布を紫に染める染料の紫根は消炎・解毒・解熱・皮膚疾患の薬に用いられたことなど、おふたりのご職業やエピソードに不思議にリンクしたので、紫の布のリボンをプレゼントにかけることにしました。
縦糸と横糸を織り合わせてできる布のように、しっかりと支え合いひとつの未来を幸せに歩んでいくことができますように!
ガマは新婦の誕生日の花で花言葉は「素直・救護・慈愛」。
足もとに咲く福寿草は新郎の誕生日の花で花言葉は「永久の幸福・思い出・幸福を招く」。ブルーサルビアは子供さんの誕生日の花で「燃える思い・知恵・家族愛」が花言葉です。
(サイズ:A3横)






新郎はお薬に関係するお仕事、新婦は言語聴覚士さんとのことで、メインモチーフをカモミールにしました。
カモミールは結婚式の日のお花であるとともに、ハーブとしての効用が「鎮静、痛みを和らげる、心身のリラックス」などおふたりのご職業にとても通じるものがあったので。
花言葉は「逆境に負けない強さ、親交」。足元に咲くもうひとつのお花、キャンディタフトも結婚式の日のお花で花言葉は「柔和、思いやり」。
これから始まるおふたりの生活の中でどんなことが起こっても、お互いを思いやる気持ちを忘れずに力を合わせてふたりで乗り越え、より絆を深めて生きていくことができますように!
カモミールの語源はギリシャ語で「大地」と「リンゴ」を合わせたものだそうで、おふたりは食べることも大好きとのことだったので「WELCOME」の「O」をリンゴの形にしました。
天使達はおふたりを支えてくれる周りの人達の象徴。ふたりを祝福しています。
大きなシャンパングラスとボトルの栓を抜くシチュエーションはお酒が大好きとのことからイメージしました。
ふたりで楽しむ時間をいつまでも大事にして、大好きなものを共有していくことができますようにと願いを込めました。
飾り付けのモールのお花、ミヤギノハギは宮城県の県花。出会いも出身も宮城ではないけれど、時を経ておふたりの距離が縮まることとなった地。その奇跡を忘れずに幸せな毎日を過ごすことができますように!
(サイズ:A3縦)





テーマは「スポーツ」です。
はつらつとしたおふたりのお写真や同じ趣味である水泳やランニング、それから遠いアメリカの地で出会われたということなどから、こんなレイアウトが浮かびました。
外側の縞模様はアメリカの国旗をイメージしたもので、花リースのフレームは日本の国旗とクリスマスのイメージも重ねました。
日本人であるふたりが遠いアメリカの地で出会うことができた奇跡、幸せをいつまでも胸にお互いを想い合えるふたりでありますように。
ふたりで持つろうそくの灯は聖火やクリスマスの意味合いも含め、いつも心に同じ灯り・情熱を持って歩んでいくことができますようにとの願いを込めました。
お花のわっかはオリンピックで使われる冠と結婚式での花冠を表していて、平和と栄光、永遠と幸せ、愛と絆を意味しています。
ゴールは新しい始まり。新しいコースをふたりで走り出すこの日を祝して!
リースの花のモチーフ、ヤナギランは新婦の誕生日の花で、花言葉は「焦点、集中する」。ヒヤシンスは新郎の誕生日の花で、花言葉は「スポーツ、遊戯」。アイビーは結婚式の日のお花で花言葉は「永遠の愛、友情」です。
心身ともに健康で、お互いの焦点がぶれることなく、ずっと一緒に好きなことを楽しめるふたりでありますように!
(サイズ:A3縦)






お嬢さんの1歳のお誕生日のためのオリジナルイラスト。
お父さんお母さんの出会いが森の中の幼稚園、お嬢さんも絵本が好きとのことだったので、こんなレイアウトが浮かびました。
3人を楕円形のフレームで囲んだようにしました。
書いていただいたエピソードなどを拝見して、たくさん愛を感じたので、この全体の構図で、「包まれ守られ愛されるように」との願いとご両親の愛を表現したいと思いました。
お父さんお母さんがお嬢さんにいろんなことを教え、一緒にいることでお父さんお母さんも教えられ、ステキな家族になっていくことができますように。
森のあちこちに隠されたプレゼントは1歳のお誕生日を祝う意味はもちろん、人生の途中に隠れているプレゼント、小さな喜びをこれからたくさんたくさん見つけることができますようにと願いを込めました。
ゆりかごを飾るセンリョウの花はお嬢さんの誕生日の花で、花言葉は「可憐、恵まれた才能、富貴」。
森に咲くタチアオイはお父さんの誕生日の花で、花言葉は「大望、平安、豊かな実り、高貴」、センニチコウはお母さんの誕生日の花で、花言葉は「安全、変わらぬ愛情」です。
これからたくさんの愛情を受けて、元気にすくすく大きくなっていくことを心から願って!
(サイズ:A4ミニポスター)






ふたりが進む方向を示す標識に入れたお名前には、ふたりの道をまっすぐに迷うことなく進むことができますようにとの願いを込めました。
外出の時はいつも手をつなぐというおふたりなので、いつまでも手を取り合って歩いていくことができますようにとこんなレイアウトに。
星をよく眺めていたというエピソードから、クリスマス飾りのキラキラと星のキラキラで周りの方々からの愛と祝福を表現しました。
花束のお花のモチーフ、コトネアスターは結婚式の日のお花で花言葉は「変わらぬ愛情、安定」。
ツリーの下に置かれたプレゼントにはワクワクする気持ちや、相手を喜ばせたいと思う気持ちをいつでも持ち続けて、笑顔いっぱいの毎日を過ごすことができますように!と願いを込めました。
(サイズ:B4横)






テーマは「一緒に」です。百人一首や本など同じ楽しみをたくさんお持ちのおふたりなので、こんなテーマ・レイアウトにしました。
本棚には、新郎の教師というご職業やおふたりの本にまつわるエピソードを表していて、「お気に入りをたくさん集める、ステキな思い出をたくさん集める」というような意味合いを込めました。
開いた1冊の本には、おふたりで一緒に「ひとつの物語」を作り上げていくという意味合いを込めました。
そして、「本棚」「畳」「鉢植え」はふたりの「家」の象徴として、ふたりが安心して戻ってこられる空間を一緒に少しずつ築いていってほしいという願いを込めて。
これから起こる様々な出来事をふたりで共有し一緒に見つめ、乗り越えてたくさんの花を咲かせることができますようにと、ふたりで花束を持つ姿をイメージしました。
ガマズミは挙式の日のお花で花言葉は「愛は強し、結合」。
好きなものをずっと一緒に楽しめるふたりでありますように!
(サイズ:A4ミニポスター)






おふたりは同級生で、同窓会で再会されたとのこと。それからおふたりは建設・住宅関係のご職業、そして何より新郎の設計したお家に住みたいという夢がとてもステキだなと思ったので、それらを象徴する「窓」を入れたいと思いました。
同じ窓から家の中へ、同窓生から家族へ。心の拠り所となり心も体も安らげる「家」「家族」をおふたりで一緒に少しずつ築き上げていってほしいという願いを込めました!
新郎が水槽いじりや熱帯魚がお好きということ、プロポーズの場所がディズニーシーで新婦はディズニーがお好きとのことで、もうひとつのモチーフを「水」にしました。
湧き出す喜びが尽きることのないように、お互いが生きるのに欠かせない水のような存在でありますように、との願いを込めて。
噴水を飾るお花はジャノメギク、新郎の誕生日のお花で花言葉は「切なる喜び、変わらぬ熱愛」。お庭に咲く花はバーベナ、新婦の誕生日のお花で花言葉は「家族愛、家族の和合」です。
また、ご希望の天使達はふたりを支えてくださる周りの方々の象徴でもあります。感謝の気持ちを忘れることなく、愛されるふたりでありますように!
(サイズ:A3横)






テーマはご希望にもあった「キャッチボール」。新郎の大好きな野球を表すのはもちろん、思い出のエピソードなどをお伺いして「気持ちのキャッチボール」の意味も込めてレイアウトを考えました。
それぞれの服から伸びるそれぞれのお名前、これにはお互いの気持ちを相手がわかるようにきちんと出してキャッチボールをし、いつも分かり合い相手を思いやることができますようにとの願いを込めました。
また挙式の日が刻まれたホームベースには「戻るべき場所」の意味を込めました。周りの方々にお披露目し祝福してもらうこの日に立ち返り、お互いの存在がお互いの「見失うことなくいつも帰れる場所」になることを願って。
どちらに偏ることもなく、ふたりのちょうど真ん中に安心するふたりのホームがあり、寄り添うことができますように!
そして、ご希望のりんごは冬が旬で、トウモロコシは夏が旬。寒い冬も暑い夏も一緒に実り多い毎日を過ごし、宝物のような楽しい時間や思い出がたくさんできるようにと願いを込めました。
足元に咲くハイビスカスは新郎の誕生日の花で、花言葉は「信頼」。トウモロコシは新婦の誕生日の花で、花言葉は「財宝、豊富」。りんごの木とともに日陰を作ってくれるのはかしわの木。かしわは結婚式の日の花で、花言葉は「愛は永遠に」です。
(サイズ:A3横)






印象深かったのは「食べること」と「サプライズ」のふたつでした。最初に会話したのがやきいもの様子を見に行く時だったとか、食べ歩きやお菓子を食べることが大好きということ。
それから新郎が新婦のためにした数々のサプライズのエピソードをお聞きして、こんなレイアウトが浮かびました。
相手を喜ばせたいと思う気持ち、そうさせたいと思わせる優しさや可憐さを持ち続け、お互いが感謝の気持ちを忘れずに過ごすことができますように!
「ドーナツのなる木」はおふたりの元気で陽気な雰囲気を表現したくてイメージしました。大好きなことがたくさん実りますように、楽しい時間をたくさん育てていくことができますように、と願いを込めました。
そして、ふたりを支えてくれる周りの人達にも幸せが伝染しますように。
足元に咲くヘビイチゴは新婦の誕生日のお花で花言葉は「可憐」、ドーナツの木にからまるホップは新郎の誕生日のお花で花言葉は「希望、信じる心、天真爛漫」。どちらも食べ物や飲み物に関係する植物で、おふたりのお人柄にもとてもリンクするものがあったのでこのふたつを選びました。
おいしいものを一緒に食べて喜べる相手がいるのは本当に幸せなこと。
そのことを忘れずにずっとステキな時間が過ごせますように!
(サイズ:A3横)






おふたりは住宅関係の会社で出会われたとのことと、「具合が悪いときや落ち込んでいるとき、誕生日のときなど、新郎が花束や鉢植えをプレゼントしてくれて元気になれました。」というエピソードから、新郎が新婦のために四葉のクローバーを探してきてくれた場面が浮かびました。
楽しい時もしんどい時もお互いに相手を思いやる気持ちをこれからも忘れずに持ち続けてほしいと思い、こんなレイアウトにしてみました。
新婦は新郎のためにサプライズケーキを準備しています。これは新郎から新婦へのサプライズケーキのエピソードから。
今度は逆に新郎へのサプライズ!
「お家」と「開かれたドア、窓」にはそれぞれ、「出会えた喜びを忘れずに居心地のいい空間をふたりで作りあげてほしい」という願いと「お互いにいつでも心を開いて、お互いを受け入れるやさしい気持ちでいられますように」との願いを込めました。
屋根に咲くノウゼンカズラは新郎の誕生日の花で、花言葉は「豊富な愛情」。お庭に咲くユキワリソウは新婦の誕生日の花で、花言葉は「信頼」です。
(サイズ:A3横)






テーマは「夢はおっきく!」です。新郎は小学校の先生、新婦は幼稚園の先生。そして風船を入れてほしいとのご希望から、こんなレイアウトが浮かびました。
子供たちとともに育てたお花の種とお手紙を風船に結びつけ、空に放つ場面。遠いどこかで受け取ったお友達がまたお花を育てて、ステキな未来が広がっていくことを願って。
この風船が大きな世界に飛び出して、大きなつながりを生み、大きな実りと大きな未来になるようにと大きな希望を持って青く大きな空へ飛ばします。
おふたりの未来、おふたりの教え子の未来がすばらしい実りを迎え、大きな希望に満ちたものになりますように、との願いを込めました。
外灯はおふたりのお付き合いが始まった公園の象徴。
文字の配置など全体としては勉学を象徴する「本」のイメージで考えてみました。
風船の数、7個はおふたりがお付き合いを始めて7年目の記念日に婚姻届を出されたとのことから。
風船を飾るのはレンギョウの花とユーカリの葉。レンギョウは結婚式の日のお花で花言葉は「希望、希望の実現、豊かな希望」。数は全部で18個。これはお付き合いの記念日18日に毎月メールを送りあったというエピソードから。ユーカリはその記念日の花で花言葉は「記念、思い出」。
足元に咲くデージーは新郎の誕生日のお花で「無邪気、自然の喜」、コムギは新婦の誕生日の花で「富、裕福」という花言葉です。
無邪気で豊かな心でいつまでもふたりの楽しみを共有し、子供たちとつながるふたりでいることができますように。
(サイズ:A3縦)






テーマは「みる」。これは目で見るという意味だけでなく、心の目で見て感じるという意味合いも含めています。
新郎は警察官、新婦は大学の職員、そのご職業やエピソード、そしてお写真を拝見して一番感じたのが「真っ直ぐ」でした。
とてもまじめで実直なお人柄が伝わってきたので、「花束を贈る、受け取る」というとてもストレートでシンプルな愛を表現する構図が浮かびました。
ふたりが真っ直ぐに向き合う、見つめあうということ。それから、プロポーズの場所となった観覧車の「観る」がつながって、「いつまでも真っ直ぐに向き合い、見つめ合えるふたりでありますように」、そして「お互いを、周りに起こる様々な美しいことや楽しいことをゆっくりじっくりふたりで見て感じて楽しむことができますように」との願いを込めて、このテーマにしました。
畑は新婦が卒業した大学の象徴でもあり、おふたりの未来の象徴です。育てているいちごの花言葉は「幸福な家庭・あなたを喜ばせる・尊重と愛情」。
ふたりで力を合わせて水をやったりお世話をしながら、すばらしい未来の実を育てていくことができますように!
花束のモチーフ、プリムラの花言葉は「永続する愛情」、結婚式の日のお花です。
時が経っても照れたり惜しむことなくお互いの愛を与え合うふたりでありますように。
足元には初めて新郎が新婦にプレゼントしたガーベラが咲き乱れます。
(サイズ:A3横)






おふたりが考え出した、お月様を見てパワーを充電するお月様充電。そのエピソードとカフェでのんびりするのが好きというところからこんなレイアウトに。大きなお月様と星たちがキラキラふたりを祝福しています!
テーマは「まあるい月」と「支え合う日々」。
おふたりのご職業がリハビリの先生と介護福祉士さんとのことで、「支える」というキーワードが連想されました。
これからの生活でお互いが支え合い、周りの方々とも支え合って、まあるくて満ち足りた毎日を過ごして欲しいと、このようなテーマに。
カフェの名前は月とおふたりの誕生日の日にちにちなんで28 moon cafe(ニハチムーンカフェ)。
マグカップはそれぞれの制服の色と好きな柄を組み合わせたもの。テーブルには大好きなチョコミントアイスも。
テラスに咲くアリウスの花言葉は「円満」。ダスティーミラーの花言葉は「あなたを支えます」。花嫁の持つブーケの花のモチーフ、ホヤ・カルノーサは星型の小さな花が集まってできたお月様のようなまあるいお花で花言葉は「円満な生活」。
お月様のようにまあるい大らかな日々を過ごすことができますように!
ハシゴとハシゴにからまるブドウのツタは「支え合い」の象徴。ハシゴを支えるものがなくては上にのぼることはできない。支えられてこそ上へ向かうことができます。
ブドウの花言葉は「思いやり、信頼」。支え合うためにも、そしておふたりのお仕事にも欠かすことのできない大事なこと。
そして、ツタも何かに支えられながら伸びていく植物です。
支え合って、月のような輝く未来へ進んでいくことができますように。そして、支えてもらえることへの感謝を忘れずに持ち続けることができますようにと、願いを込めました!
(サイズ:A3縦)






テーマは「愛の音楽」。
おふたりとも音楽がお好きとのこと、そして新郎のお誕生日の花「アネモネ」は「愛」が花言葉。新婦のお誕生日の花「ストック」の花言葉は「永遠の愛」「豊かな愛」。
そこに、ご希望の「昼下がりのガーデンウェディング」「友人や家族が二人を囲んでお祝いしてくれる愉しくて暖かい雰囲気」などを加え、こんなレイアウトに。
おふたりは高校の同級生で、最初に話したきっかけは新郎が新婦のノートを借りたことがきっかけだったそう。
祝福してくれるみんなに囲まれたふたりが持っているノートには楽譜と歌の歌詞が書かれています。そしてこれはふたりの初めての会話を生んだノートでもあります。
出会えた幸せを忘れずに同じひとつの未来を見続けることができますように!との願いを込めました。
そして、周りの方々と一緒にひとつの音楽を奏で、作り上げようとしています。
ふたりを支えてくれる人達とそしてもちろんお互いの力を合わせ、すばらしい愛に満ちた未来を作り出すことができますように!
(サイズ:B4横)






新郎が10年前ひとりで旅したイタリアのフィレンツェでサンタマリアデルフィオーレ大聖堂からの景色を見た時、結婚したら必ずまた来ると誓ったそう。新婚旅行でその夢が叶えられるとのことで、サンタマリアデルフィオーレ大聖堂を描くことが大前提でした。
それから空をイメージするもの、ロマンチックなイメージがご希望とのことでこんなレイアウトに。
新郎の誕生日の花、タネツケバナの花言葉は「情熱、燃える思い」。挙式の日の誕生花サルビアの花言葉は「家族愛、尊敬、燃える心」。
共通する「燃える想い」を全体のテーマに→夕日→ロマンチックとつながりました。
太陽は毎日のぼる、変わらず毎日沈み、そしてまたのぼります。おふたりのお互いを想う気持ちがそんな壮大な、それでいて当たり前のサイクルのようにずっと続きますように。
風船に飾られたお花のモチーフはタネツケバナ、サルビアともうひとつ、新婦の誕生日の誕生花サイネリア。花言葉は「元気、いつも快活」。
燃える想いを胸に、毎日を元気に快活に過ごすことができますように、との願いを込めました。
それから、おふたりともケーキがお好きとのことだったので、風船にケーキの箱もぶら下げました。
これからサンタマリアデルフィオーレ大聖堂に降り立って、星を見ながらケーキを食べようという計画。
それぞれが好きなもの、おふたりが好きなものをいつまでも大事に、感動を共有して楽しんでいくことができますようにとの願いを込めて。
(サイズ:A3横)






絶叫マシンが大好きだから、新婚旅行に富士急ハイランドに行くというおふたり。とてもいいな〜と思い、写真で拝見しただけだけれど、なんとなくとてもふたりらしいな〜という気がしたので、それをメインで考えました。
そして漫画喫茶でよくデートをしてたということだったので、フチを付けたりふきだしをつけて漫画風な感じにしました。
「ジェットコースターの驚きや興奮」と「プロポーズのサプライズエピソード」をリンクさせて、ふきだしを使ってプロポーズしている場面にしました。

ジェットコースターの後ろの席に乗せたお花のモチーフはチョロギの花。花言葉は「驚き、楽しい人生」です。そして絵の中にはありませんが、その地下茎はおせち料理で食べられる縁起物。

絶叫マシンや漫画、ふたりが好きなことをずっと一緒に楽しむことができますように。
お互いをびっくりさせたい喜ばせたいと思う気持ちをいつまでも持ち続けることができますように。
そして、ふたりで一緒に同じ席に座って上りも下りも山も谷も全部ぜ〜んぶ楽しむことができますように!との願いを込めました。
背景の色は新婦が好きな色、新郎の衣装は新郎の好きな色で描きました。
(サイズ:A4ミニポスター)






テーマは「調和」と「おとぎ話」。おふたりともお花が大好きとのことだったので、まず思い出のコスモスを中心に考えました。コスモスの花言葉は「調和・真心」。
そこに、新婦のお姫様への憧れを「おとぎ話」としてプラスしました。
眠るお姫様のもとへ、花束を抱えた王子がやってくる場面。
でも、お姫様はただ眠って待っているのではなく、王子へのプレゼントをこっそり準備してにこにこしながら王子の到着を待っています。
あの大地震の後にお互いがお互いを想って同じ行動を取ったというおふたりのエピソードから、お互いがお互いを喜ばせたいと思う気持ちを大事にし、一方的ではない調和の取れたふたりを象徴するレイアウトに。
いつまでもお互いを思いやる気持ちを持ち続け、笑顔が絶えない家族でありますように!

それからおふたりが大好きだというブタさんと天使はおふたりを支えてくれる周りの方々や、新婦の職場である小学校の子供たちの象徴。天使と子ブタの数、7人と1匹はおふたりの誕生日からきた数字。
おふたりとも誕生日は別の日ですが使う数字は1と7だけの誕生日。7は幸運の数字であり、7人の小人とも通じるものが。
子ブタは「3匹の子ブタ」をイメージしていて、3番目の賢いブタさん。
ちょっとおとぎ話のいいとこ取りみたいなイメージで、調子のいい陽気な日々が過ごせますように。

おとぎ話では最後の場面、だけど本当はここからが始まり。この日が本当にすばらしい始まりの日になりますように!
お花畑の花のモチーフはコスモスとイキシア。イキシアの花言葉は「調和の取れた愛」です。
(サイズ:A3横)






テーマは「先生」と「3」。
新郎新婦はおふたりとも小学校の先生とのこと、それから3月3日の挙式ということでこの2つをキーワードにレイアウトを考えました。
青空教室での授業風景。3人の子供たちはプレゼントを用意してお祝いするタイミングを見計らっています。
ポニーテールの女の子が持っているのは小さな東京タワーの飾り。
東京タワーはおふたりの思い出の場所、そして高さは「333m」。
勉強だけでなく、人を喜ばせたいという気持ちや相手を思う気持ちがおふたりから伝わっていくことを願って。
また咲き乱れる花のモチーフはレンゲ、カスミソウ、タンポポの3つの花。レンゲは3月3日の誕生花で花言葉は「心が和らぐ、私の幸福」。カスミソウは新婦の誕生日の花で花言葉は「切なる喜び」。タンポポは新郎の誕生日の花で花言葉は「真心の愛」です。
桃の節句なので桃の木がみんなを包み込むようにして見守っています。桃は古くから不老長寿をもたらすもの、邪気を祓うものと考えられてきました。
おふたりとおふたりの周りの邪気を祓い、幸せが伝染していきますように。
そして桃は実がおいしいのは言うまでもなく、種子やつぼみは漢方薬に、樹木はお箸などに、樹皮は染料にと無駄にするところのない木。
無駄なものは何もない、楽しいことも辛いことも全てを糧に元気に生きていくことができますようにとの願いを込めました。
(サイズ:A3横)






高校の弓道部で出会われたおふたり。弓道は心を鍛えるスポーツとのこと。体の中心、心の軸がぶれないようにとの意味と、おふたりとも自然が大好きとのことだったので、真ん中に秋らしく黄色に紅葉した大きな木を描きました。
また、おふたりの趣味は写真を撮ること。大きな木の下での記念撮影をイメージしました。ボード全体を大きな1枚の写真に見立て、白枠で囲むような感じに。
いつまでも自分が好きなことを楽しみ、ふたりで分かち合い、たくさんのすてきな思い出をつくっていくことができますようにとの願いを込めました。
弓道の的、お家で飼われている猫ちゃん、柚子の木、ご実家でつくられているトルコキキョウ、ブーケに使われるフランネルフラワーなどご希望通りに盛り込みました。
桂の葉の間からのぞくキューピッドはふたりをつないだ「弓道」を表す意味と、ふたりを支えてくれる人達の象徴です。
そして、おふたりは誕生月が同じ。「月」に関係が深いと言われる桂の木がモチーフ。桂の木の木言葉は「不変」。ずっと変わらずお互いを大切に思い続け、お互いを心の軸として生活していくことができますように。
(サイズ:A3縦)






プロポーズの時、よろしくお願いしますとふたりで頭を下げたら頭がぶつかってしまい笑ったというエピソードがとてもかわいらしく、おふたりの関係をよくあらわしていると思ったので、頭をこつっとしてる絵にしました。
木に結ばれたリボンは仙台七夕の吹流しのイメージ。ふたりとも仙台好きとのこと、そしてふたりが出会った場所、仙台の象徴です。
それから新郎は小学校の先生とのことだったので、お花畑の向こうに子供たちを。
空には初めての旅行で見たという満天の星空をイメージし、おふたりの星座、かに座といて座を描きました。
これから始まる生活の中で、どんな時もふたりで星空を見上げる時間を大切にすることができますように。
足元の小さな木は震災のために延期になった結婚式の代わりに植樹したと言う桜の木。桜の花言葉は「純潔」「心の美」。これからもふたりで手を取り合って、心の美を慈しみ、育てていくことができますように、との願いを込めました。
お花畑に咲く花のモチーフは入籍の日の花「チドリソウ」。花言葉は「信頼」「軽快」。おふたりの間に、そしておふたりを支えてくれるみんなとの間に、子供たちと先生の間にゆるぎない信頼が根を張り、軽快で愉快な毎日を過ごすことができますように!
(サイズ:A3横)






テーマはよくおふたりで見に行っていたという「星」。おふたりを支えてくれるご友人と星まつりを楽しむレイアウトにしました。
木やつながった根には新郎新婦が大事にされている「ささえあう」「つながり」をイメージしました。それからおふたりとも郵便局にお勤めとのことだったので、小さなポストを描きました。
お互いの、そしておふたりを支えてくれる人達と、思いや気持ちをきちんと届けあうことができますように、との願いを込めて。
星まつりの灯りに使われているのはホオズキ。
ホオズキの花言葉は「心の平安」「身近にある美」。いつもそこにあるのについ見ることを忘れる星空。そんな身近にある美しいもの、身近にある小さな幸せを心穏やかに見つめ続けることができますように!
ホオズキには他に「いつわり」などの花言葉もありますが、そんな言葉をものともしない、いつわりと思われるほどに美しい。そんな意味をおふたりの愛になぞらえました。
咲き乱れるお花のモチーフはブルースター。テーマである「星」がその名前になっている愛らしい花で、花言葉は「幸福な愛」「信じあう心」です。信じあう気持ちをずっと持ち続け、幸せな毎日を過ごせますように、との願いを込めました。
(サイズ:A3縦)






おふたりのお付き合いはメル友から始まったとのことで、手紙をテーマにしました。新郎のお仕事道具であるハシゴを使ってその手紙を届けるレイアウトに。
違う場所からふたりが歩み寄ることを大切に、いつまでもお互いの気持ちをきちんと伝え合い、わかりあうことができますように!との願いを込めました。
咲き乱れる花のモチーフは菜の花とリュウキュウツツジ。お名前の漢字に関係のある菜の花、それからリュウキュウツツジの花言葉は「愛の喜び」。出会えた喜び、一緒にいられる喜びをずっと忘れずにいられますように!
塔の壁につたうのは10個のカラスウリの実。おふたりの結婚までの10年を意味しています。
これからもひとつずつ実をつけていくことができますように。カラスウリの花言葉は「よき便り」、入籍をされた日の誕生花です。
(サイズ:A3縦)






おふたりはバレーボールのサークルで出会われたとのこと。バレーボールを大きな月として描き、おふたりとおふたりを祝福してくれる周りの方々とをバレーボールチームとして描きました。
チームのうち2人は新郎新婦が愛用される抱き枕がモチーフ。
バレーボールを月に見立てたのはおふたりとも9月生まれだから。9月といえば月がとってもキレイ、そして乙女座は夢多い人といわれるそう。
おふたりがそれぞれを支えあい力をあわせ、周りの方々にも支えてもらいながら富士山よりも大きな夢に向かって進んでいくことができますように!との願いを込めました。
足元に咲く花のモチーフはカタバミ。花言葉は「喜び、心のかがやき」。遊び、楽しむ気持ちをずっと大事にできますように!
結婚式の日の誕生花で、ハート型の葉っぱをしたかわいいお花です。
(サイズ:A3横)







大きなテーマはやさしい光です。印象的だったエピソードがランプの宿でホタルを見ながらのプロポーズ!そこに共通するやさしい光。やさしい光がふたりの毎日を暖かく明るくし、ふたりの未来を照らし続けてくれますように、との願いを込めました。
それからおふたりの仕事は「手」がとても大事な位置を締めるもの。そこから「手を取り合う」イメージが浮かびました。
これからもずっと手をかけあい、手を取り合って生きていくことができますように!
お花はドウダンツツジとアネモネがモチーフ。アネモネの花言葉は「明日に希望」。やさしい光に照らされたおふたりの未来への花です。
ドウダンツツジは灯台躑躅・満天星躑躅とも書くそうで、灯台も星もやさしい光のテーマにはぴったり。花言葉は「愛の喜び」で挙式の日の誕生花。
(サイズ:A4横)







大きなテーマは物語。おとぎ話の絵本の1ページのような感じ。それはおふたりがアニメがお好きということや、新婦が王子様とお姫様に憧れを持ってらっしゃることとモチーフにあげられたものから、膨らんだイメージです。
このレイアウトには、「おふたりがそれぞれの役割を理解し、支えあって心豊かに暮らしていくことができますように。」「物語の王子様とお姫様のようにいつまでも幸せに暮らせますように。」との願いを込めました。
お城に着いた瞬間を切り取ったのには、「家、原点へ帰る」の意味合い。ふたりの原点をいつでも忘れないように、そしておふたりの地元への愛を表現できたらと思いました。
道に咲くのはレモンの花。レモンの花言葉は「誠実な愛、愛に忠実」。挙式の日の誕生花で王子と姫にぴったりの花言葉。
さあこれからの物語が始まります!
(サイズ:A3横)







初めてのデートで富士山に登りたいと話し、新婦のバースデーに富士山に登って御来光を見たというおふたり。それから山登りやアウトドアがお好きということからこのようなレイアウトが浮かびました。
これから始まる山登り(これから始まるふたりの毎日)をふたり手を取り合って一歩一歩進んでいくことができますように!
朝日はふたりを導く光。ふたりの名前をしっかりと刻んで真っ直ぐに進んでいくことができますように、との願いを込めてふたりの名前を太陽の中に。
それから、やさしい光がいつもふたりの暮らしを照らしますように。
サザンカとマツバギクはおふたりの生活が誕生する挙式の日の誕生花。
サザンカの花言葉は「ひたむきな愛」、そして漢字では「山茶花」。「山」の漢字が入ったお花です。
マツバギクの花言葉は「心広い愛情、のんびり気分」。広大な自然の愛を感じる心を持ち続け、お互いへも心広い愛情を持ち続けることを意味しています。そしてのんびりも忘れずに!
「OUR HOME IS YOU」は直訳で「わたしたちのお家はあなたです」。「わたしたち」は新郎新婦。それぞれがお互いの帰るべき場所であるという意味とともに、支えてくださるご家族や友人の方々あってのふたりです、という感謝の意味を込めました。
(サイズ:A3横)







新郎の第一印象を「家族にすごく愛されて育ってきた人なんだなぁ」と感じたという新婦。
おふたりとも友達と一緒に何かするのが好きなこと、どんなときも感謝の気持ちを大切にしたいということ。
おふたりとも家族や友人、周りの人達との関係をとても大切にされていることが伝わってきました。
そこで「つながり」と「感謝」を大きなテーマにしました。
ふたりの、そして周りの人達とのつながり。お互いへの感謝、周りの人達への感謝。
支えてくれる友達や家族、それからこれから増えていく家族。ピクニックの準備をしてふたりを呼ぶのはそうした人達全員の象徴です。
「THANK YOU」の文字からキンミズヒキの花をつなげてふたりを包むように描いたのは「つながり」「手をつなぐ」、そして「周りの人達の優しさに包まれている幸せ」の意味合いから。
キンミズヒキの花言葉は「感謝の気持ち、感謝の心」。
ふたりがずっと手を取り合って進んでいけますように、そして周りの人達とも手を取り合って感謝の気持ちを忘れずに生きていくことができますように、との願いを込めました。
お花畑に咲く花はバーベナとキンミズヒキ。バーベナの花言葉は「家族愛」「家族の和合」です。
ちょうちょは変化、喜びの象徴。これから少しずつ変わっていくうれしい変化をふたりで、そしてみんなと一緒に楽しんでいくことができますように!
(サイズ:A3横)






結婚式でみなさんにプレゼントするポストカードを!とのご希望。
大まかなレイアウトはご本人のご希望通りに。
太陽が照らす道がまっすぐ2人にむかって伸びていて、2人がこれから進む道を意味しています。
きっと2人で手を取り合ってまっすぐ進んでいくことができますように!
枝に結んだリボンは2人のきずな。2つで1つのちょうちょ結び。つながった1本のリボン!バランスのいいちょうちょ結びのようにずっといられますように。
2人の幸せを祈って!!
寄り添う猫たちは新婦の実家で一緒に暮らす猫たち。
猫たちも2人の幸せを願っています。
(サイズ:ポストカードサイズ)






ご結婚されて17年、ご家族全員の絵を!とのご希望。
ご家族4人とも音楽が大好きということと、劇団四季を観に行くのが恒例とのことから、4人でひとつの舞台を作り上げている感じをイメージしました。
舞台を飾るのはライラックと17個のポピー。
ライラックの花言葉は「美しい契り、思い出」。ポピーの花言葉は「感謝」。17年間のお互いへの感謝の意味を込めて。
ご家族4人のお名前を全てつなげて模様のように一続きに描き、家族のつながりを表現。
家族のつながりと歴史、今までのありがとう!と、これからのよろしく!を描いてみました。
そして、これからもずっと4人でひとつの音楽・生活を楽しく奏でていくことができますようにとの願いを込めました。
(サイズ:B2横)






おふたりは行きつけのバーで出会われたそう。そこから全てが始まったと思うととても不思議でとてもすごいこと!そこでバーをメインモチーフにしました。おふたりの出発点、拠点、時間をイメージ。
出会えた幸せを忘れずに、いつまでもふたりの時間を大切にできますように、との願いを込めて!
それから、おふたりは猫や動物園が大好き!周りにはたくさんの猫を描き、これから続々とふたりをお祝いしてくれるみんなが到着の予定です。
猫やこれから集まるみんな、動物はおふたりを支えてくれる家族や友達、動物などの象徴。
いつまでもたくさんの方々に愛されるふたりでありますように!
風船の数は11個、猫は7匹。おふたりの誕生月の数。
おふたりは毎月記念のプリクラを撮られるとのこと。きっと1日1日を大事にされているんだろうなと思ったので、それをイメージして文字と花でフレーム風にしました。これからもずっと日々を大事にするおふたりでいてほしいと思います。
フレームの花のモチーフはセラスチウム。ちょうど挙式の頃に開花するお花で、花言葉は「思いがけない出会い」「幸福」!
(サイズ:B4横)






テーマは舟。
ディズニーランドのマークトゥエイン号の前でプロポーズをされたというエピソードから、舟をメインモチーフに。
舟の名前は「Y012」。これはおふたりの名前の頭文字とおふたりの生年月日に使われる数字を組み合わせたもの。どちらか一方の舟でもなく、他の誰かの舟でもない、まぎれもなくふたりの舟です。
それから、おふたりともアイスが大好きで休日の度に31に通ったこともあるというお話が印象的だったので、アイスで乾杯!
そんなふうにいつも「ふたりの楽しみ」を持ち続けていくことができますようにとの願いを込めて。
新婦の思い入れのある「ワイルドストロベリー」を使って、式のテーマを”ベリー(Very⇔Berry)ハッピー”にしたいというおふたりの希望にあわせて、アイスはベリーベリーストロベリー、ストロベリーチーズケーキ、バナナアンドストロベリーでベリーづくし。
ワイルドストロベリーの花言葉は「尊重と愛情」、幸せや奇跡を運ぶと言われる植物。舳先のワイルドストロベリーはふたりを幸せへと導く灯りです。
空を漂う花はハナビシソウ。ハナビシソウの花言葉は「希望」。出航にぴったりの花言葉です!
おふたりの生活が始まるこの日は幸せな未来への出航。
いつまでもふたりの舟で、ふたりで力を合わせて舟を漕いでいくことができますように!
(サイズ:A4縦)






おふたりの趣味はドライブ。たくさんの花が咲く道を風に吹かれながら陽気に走ります。
道しるべにはおふたりの名前を入れ、おふたりが進むべき道という意味を込めました。
これから先ふたりで進んでいく未来を迷わず、ともに真っ直ぐ走っていくことができますように。
道の両脇に咲く花はアイビーゼラニウムとヒオウギ。
それぞれおふたりの誕生日のお花で、アイビーゼラニウムの花言葉は「真実の愛」、ヒオウギの花言葉は「誠実」です。
おふたりそれぞれが持っているものや時間を大切にし、そしてそれを持ち寄ってひとつの道を築いていって欲しいという願いから、この花を選びました!
(サイズ:B4横)






旦那様のお仕事は橋の設計。おふたりの身長差は30cm!それから、仙台の冬のイベント、光のページェントがお好きとのことからこのようなレイアウトに。
小さな橋の後ろにはケヤキ並木がつづき、光のページェントをイメージしたたくさんの小さな光とやんちゃなリス達がふたりを祝福しています。
ケヤキの木言葉は「崇高」。気高く、尊い愛がふたりをいつまでもつつんでくれますように。「崇高」を表す意味と、おふたりの身長差を生かすため、ふたりの頭上にあえて少し広めの空間をとりました。
ふたりで架けた橋をふたりで一緒に進んでいく。時に周りの方々に支えられながら。ふたりを待つ未来、楽しい橋ばかりではないけれど、そんな時こそ途中で立ち止まって、その過程をも楽しめるようなふたりでいられますようにとの願いを込めました。
橋のたもとに咲く花のモチーフは「イキシア」。花言葉は「調和のとれた愛」。橋に欠かせないのも、ふたりの間に必要なのも「バランス」。身長差30cmで一見アンバランスなのに、バランスがとれたステキなおふたり。その対比のおもしろさと、共通する「バランス」の意味合いからこの花を選びました!
おふたりが好きな緑色をベースに光あふれるさわやかな1枚になりました。
(サイズ:A3縦)






クリックすると大きい画像が見れます!
おふたりの週末の楽しみであり、旦那様の将来の夢でもある「カフェ」。
それと軽井沢での挙式とのことから、さわやかな自然の中でのティータイムのようなイメージが浮かびました。
新婦はお菓子作りが大好きでパウンドケーキが得意。旦那様が淹れたコーヒーとおいしくいただくそうです。
サイドテーブルに新婦の作ったパウンドケーキと、コーヒーポットが置かれ、ポットから流れ出すやさしい空気がふたりを包み込みます。
お花のアーチは「未来への門」、「ふたりの生活への入り口」をイメージしました。
モチーフはフリージアとカカオの実。
フリージアは挙式の日のお花で、花言葉は「未来への期待、純潔、慈愛、親愛」です。
この日はおふたりの生活が誕生する日であり、花言葉もおふたりのイメージにぴったり、アーチの意味合いにもぴったりだったので選びました。
カカオは、お菓子を作ったり、お料理をしたりする新婦のとても大事な時間、それを象徴する意味でモチーフにしました。
新婦のカカオ、新郎のポット、ふたりのそれぞれの大事なもの、時間がひとつになる。そんな場面です。
そして、おふたりを支えてくださる周りの方たちと過ごす時間も、そんなふうに足し算されたステキな時間になっていくことを願いつつ!
(サイズ:B4横)






クリックすると大きい画像が見れます!
新郎はとてもロマンチストとのこと、それからおふたりとも「子供心」にかかわるものを扱ったお仕事、旅行先で見つけた四葉のクローバーとお花を入れて欲しいという希望から、こんなレイアウトが浮かんできました。
「縁」を大切にしたいと、席次表のテーマを「リボン」にされたというおふたり。ここでもリボンを大きなテーマにしました。
新郎の首もとのリボンがなが〜く伸びて縁取るようにぐるりと1周し、新婦の腰のリボンとつながります。
文字もリボンのように描き「全てがつながっている」レイアウトに。
おふたりが大事にされている「縁」をこれからも大切にして欲しいという願い、そして何も無駄なものはない、という意味も含めています。
一見、無意味と思えることや悲しいことなんかも無駄はひとつもなく、それがうれしいことやステキなことにつながり・・・きっと全てはつながっている。
どんな時もそれを忘れずに、ふたりで大事に1日1日を過ごしてほしい!という願いを込めて!
それから、結婚式を「感謝の気持ちを伝える場」にしたいとのことだったので、ふたりを見守る周りの人たちをリボンの所々に描きました。(新郎の大好物「シャウエッセン」を持った男の子も!)
上から3行に分けた文字、それぞれ行間は色を変え、おふたりが歩んできた思い出の3年間をイメージしました。
また、結婚式場のアンケートで「どんな家庭になるか」という質問におふたりそろって「笑いの絶えない家庭」と答えたというエピソードが印象的だったので、お花畑に咲く花は「ベロニカ」という花をモチーフにしました。花言葉は「明るい家庭」!
こんなふうにゆっくりと過ごす時間を大切にしていくことができますように。
(サイズ:B4横)






クリックすると大きい画像が見れます!
新郎がお友達とバンドをされていたということで、音楽をテーマにしてほしい!
挙式がクリスマス間近なのでクリスマスの雰囲気をいれてほしい!ラブリーよりファンキーに!とのご希望で今までにあまりない、シンプルでファンキーな雰囲気の1枚に仕上がりました。
全体的な色合いも少し落ち着いたレトロな感じの色合いに。
音楽をテーマにしたものということと、「音を蓄える」という意味合いから、蓄音機を大きなモチーフに。
新郎がベースを担当されていたということで、壁の模様はベースの弦をイメージして、4本線の横ストライプ。
ふたりの暮らしのベースとなるお部屋で、クリスマスの飾り付けをして、蓄音機から流れる音を楽しみながらふたりは踊っています。
飾り付けにはクリスマスの雰囲気を出す意味もありますが、なんでもない毎日こそ、こんな特別の日みたいに一緒に楽しむ気持ちを忘れずに過ごせますように!との願いが。
そして積み上げられたプレゼントには、お互いにプレゼントを送る時のように、相手を喜ばせる気持ちをいつまでも持ち続けていって欲しい。
蓄音機には、音を蓄えるように、ふたりの小さな喜びを少しずつ少しずつたくさん蓄えていって欲しい。という願いを込めました。(サイズ:B4横)






クリックすると大きい画像が見れます!
新郎のご趣味がバスケットボール、そして新婦のご趣味が旅行、ということで「バスケット→カゴ+旅行」で気球を連想しました。
新婦が新郎に送る手紙によく描くという「うさチャン」と、たくさんの「サクラソウ」を乗せた気球は空を飛び、ふたりは幸せの種を蒔きながらほほえんでいます。
おふたりが付き合うきっかけになった花火大会でのエピソードがとても印象的だったので、空には花火をモチーフにした花模様を描きました。
ハート形の花びらをした「サクラソウ」の花言葉は「希望に満ちる」。
おふたりそれぞれの趣味をあわせたイメージの「気球」を大きなテーマにしたのは、それぞれの世界を大事にしながらもふたりで一緒にステキな未来へ飛び立ってほしい。
違う人間であるふたり。そのふたりが一緒にいるからこそできる空間や小さな喜びをたくさん楽しんでほしい、という願いからです。
そして、ふたりでたくさんの幸せの種を蒔き、少しずつ少しずつ育てていって欲しいと思います。(サイズ:A3横)






クリックすると大きい画像が見れます!
新郎が内装関係、新婦が住宅建材関係のお仕事ということで、「家」を連想しました。
「家」の中におふたりがこれから築いていかれる未来や空間、家庭をイメージし、新婦がお好きなお茶を窓辺で飲もうと、ふたりで窓を開けた瞬間です。
ここには、ふたりで一緒に未来を開いていってほしい、そしていろんなことにいつも心をオープンにして日々を愛しんで欲しいという願いをこめて。
窓辺のお花は「クチナシ」と「プリムラ ジュリアン」がモチーフ。クチナシの花言葉は「楽しい日々」「幸福な人」。そしてすご〜くいい香りのする花です。プリムラ ジュリアンの花言葉は「運命をひらく」「永続する愛」。
また、窓枠上部の飾りの部分はおふたりの名前に共通する「智」の字をモチーフにしました。
「お茶を飲む」ことはすごく普通なことだけど、きっとそれがとても幸せなこと。
幸せな「普通」をたくさん楽しんでいってもらいたいという願いもこめました。(サイズ:B3縦)






クリックすると大きい画像が見れます!
新郎がデザイナー、新婦が作家マネージメントのお仕事ということで、すごくクリエイティブなイメージから、感受性を表すハートを大きく描きました。
創造には欠かせない「感じる心」「感じる気持ち」を大切にして、元気な心を何にも縛られず自由に羽ばたかせ続けて欲しい。
そして、自分の「感じる気持ち」も、お互いの「感じる気持ち」もいつも手で触れることのできる距離に置いていて欲しい、という願いを込めています。
おふたりとも子どもが大好きということで、7人の子ども(天使)が希望の鐘を鳴らして祝福してくれます。
彼らはふたりを見守ってくれる周りの人達の象徴でもあります。
また、野球がお好きというおふたり。ふたり+「7人」で9人になるようにしました。支えてくれる人達を大事にし、力を借りつつ家族として仲間としてステキな未来をつくり上げて欲しいという願いを込めて!
花は花嫁がお好きなガーベラと、孔雀菊をモチーフにしました。
ガーベラの花言葉は「神秘・希望」。 孔雀菊の花言葉は「一目惚れ」です!
新郎は新婦に一目ぼれ。そしてグアムでのプロポーズ、というエピソードがとても印象的で、なにか新郎の気持ちのようなものを入れたかったのでこの花を選びました。(サイズ:A3横)






クリックすると大きい画像が見れます!
新婦が幼稚園の先生をされているとのことで、ブランコと子どもたちを連想しました。いつまでも純粋な気持ちを忘れず、遊ぶ大事さを忘れずに日々の生活を楽しんで欲しいという願いを込めました。
背中をやさしく押してくれる子どもたちは園児であるとともに新郎新婦を支える周りの人達の存在を象徴しています。
また、おふたりは自然がお好きということで、「虹」を描きました。虹は「平和」の意味と「それぞれの色の間に明確な境界を引くことができない。」という性質から、それぞれ違う人間であるおふたりが自分を持ち寄り、思いやりあって分かつことのできない世界、そして違う色があるからこそきれいなひとつの世界をつくりあげて欲しい、という願いを込めています。
モチーフにした花は「ジンチョウゲ」と「センニチコウ」。「ジンチョウゲ」の花言葉は「永遠」。そして甘いとてもいい香りのする花!「センニチコウ」は挙式の日、9月22日の誕生花。2人の生活が誕生する日という意味で選びました。花言葉は「変わらぬ愛情 不滅の愛」。
「ピンクを基調にたくさんのお花に囲まれている感じ」というご希望だったので、たくさんの花を描きました。
(サイズ:A3横)






クリックすると大きい画像が見れます!
音楽が大好きなおふたり。ふたりで、そして支えてくれる人達と一緒にすてきな音楽、すてきな未来を奏でていってほしいとの願いを込めました。
モチーフになった苺の花言葉は「幸福な家庭」 「尊敬と愛」。アイビーは「永遠の愛」の意味。
バックには新婦の好きな色を使いました。 (サイズ:A3横)






クリックすると大きい画像が見れます!クリックすると大きい画像が見れます!
「海、自然、周りの人達への感謝」との要望を受けて描きました。
ありきたりが嫌いというおふたり。あえてふたりの姿は描かず、名前も漢字で波模様に溶け込ませてみました。
周りの人達がふたりを支えてくれています。
水の中の飛び立つ鳥と全体の輪はこれからの幸せを願って。
モチーフになった花、ブルースターは「お互いを信じる気持ち」という意味。
マザーテレサの言葉「LOVE IS IN ACTION」を願いを込めて加えてみました。
(サイズ:A3縦) ※スキャナで取り込んでいないので少し暗めに写っています。






ウェルカムボードのショップへ



  ●PICTURE BOOK
クリックすると大きい画像が見れます!


  ●ROUGH

クリックすると大きい画像が見れます!
◎知人が出産で退職される時に送った封筒。
文字全体を卵の形にしてみました。
※スキャナで取り込んでいないので少し暗めです。

クリックすると大きい画像が見れます!
◎知人が転勤される時に送った封筒。

メニューへ

  
   E-mail : satoposca@nifty.com
   ※すべての画像、テキストの無断転用、転載等は一切ご遠慮下さい。
   (C)2008 SatoPosca